Nojikasというバンドについて


ひらたくいえば卒業制作的なものとして、そして4月から始まる精神的に地獄のような生活に赴く際の冥土の土産的なものとして、なにか少しでも残せるものがあればと思い、いくばくかの使命感に突き動かされ、インタールードを含んだ全8曲の私的なミニアルバムをひとつ制作した(※バンドになりました。ライブします。下記に追記有)。

1.振幅 02:10
レギュラーチューニング
2.実験 02:52
2弦以外を半音下げ、3弦をさらに半音下げ
3.変質 03:13
2音下げぐらいのダウンチューニング(覚えてない)
4.過去東京 01:01
5.アウトサイド 01:59
3弦1音下げ、2弦半音上げのカポ1
6.猿真似 01:51
FG#C#FCC#のカポ5。ずっと前に作った曲をアレンジしただけなので猿真似
7.蛇足 00:43
8.音楽のない街 03:29
レギュラーチューニング。2番目の『壁の花と踊る』がお気に入り。かなり前に編み出した曲なので猿でも弾けるくらいめちゃめちゃ簡単


土地の名、――名
これにあたって僕はこのきわめて奇っ怪な演奏をするバンドに名前をつけねばならなかった。さして役にも立たない非鉄スクラップのような単語メモ帳のなかから無作為に選びだしたのは”deer”と”música”という単語であった。これらを元にしてどうにかもっともな感じにひねりあみだしたのがnojikasという造語である。この語は調べてみると苗字や名前にも用いられているらしく、外国では名字や名前をそのままバンドネームにしてしまうことはポピュラーであるので、そのロジックにも密かにあやかっている。しかしほんとうのところは、とある外国のネットジャンキーな音楽マンからDMを通して個人的なインタビューのようなものを受けたときに「オイ、バンド名の由来って、結局なんなのよ?」と訊かれるまでは特に大したことを考えていなかったので、そのときになってようやくそのような意味をやっつけにそれらしく語った(騙った)のだが、やはりどのようなものにせよある事物に個人的な、きわめて個人的な意味で名前を付けてやることは、ほんとうに難しいことで、また、いささか恥ずかしく大変勇気が要る作業でもあるので、その冠名にもっともな理由を付してやることによって僕はようやくこの何ともいえないどぎまぎした気持ちから抜け出すことができたのである。ちなみにほかのバンド名の候補は「性癖確認」「ウンコマニアックス」「ゲロゲロゲロンチョ」「ぼくはユーフォニアム(響け)」「nice shoes…wanna fuuk?(これはある曲名である)」「ok-ADHD」「楽典死ね」などがあった。ほかにも「電波傍受トナカイ」というものがあるが、これは当時まだいとけない従姉妹との共作による偶然出来あがった落書き――頭部から木の枝のように広がったアンテナのような角で電波傍受を行う馬とも牛ともつかない有蹄類の様相をしたトナカイらしき動物の絵――から名前の着想を得たものであり、これもまた由来の一つである。
なんにせよ語呂や字面がムカデみたいに気持ち悪くそれっぽい風をしているというだけで冠した無意味的な記号のようなものである。そしてこの機会に乗じいかにもそれらしい風情をなしたアーティスト写真なるものを描いた。これは大学のサークルの交流会で大学の近くのある動物園に行った際に、当園人気ナンバーワンのカンガルー達とそのアスレチックのような木造の棲家の写真をトレースし加工したものである。しかし撮影当時は肝心のカンガルーは物臭をしているのかどこにもいなかった。そして僕はその日だけでサークル辞めた。

「デジタル・マインド・ワイヤード・アクセス・アレルギー・コンソールに引っかかったと思ったんだよ。でも違った、ただ単にぼくがコマンドを打ち間違えていただけだったんだ。」
まだ便宜的にバンドと称するいくばくかの材料はあれど未だにこのバンドのメンバーはギターの僕一人であったから、そのため何百ドルを賭して非常に強力なリズム隊のメンバーを招聘しなければならなかった。ゴリアテ田中(Ba)とDJアディクティブ吉澤(Dr)という2人である。この二人はまるで機械のように、ぼくが指示したフレーズとリズムを寸分の狂いもなく再現してしまう、ミュージシャンズ・ミュージシャンという言葉さえもその器には小さすぎるような、あまりに無尽蔵の実力を兼ね備えた最強のリズム隊であった。一つ難点を挙げるとすれば、彼らは机上電脳のサモンプラグインを通じてしか現れてくれない非常にシャイボーイな性格の持ち主であるということだった。(


※追記(2018-2/11)
バンド化したぜ~!ウッヒョーイ!ギターにイケメティックサイクロンことfulusuの本多弦氏、ドラムに爆撃機の権化(akaドラムヌの神童)ことnhomme等のあべ氏、そしてベースにチンピラウェイゴリラというメンバーでバンド!ウェイウェイウェイ~~!やばぜポヨポヨポヌォーぬろぱぱぱっぱパピパピパ~~ワッショショソイノスs家太郎~~~見に来てな!!!!!!!!!!!!!!!!

Nojikasというバンドについて」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Nojikas – 解体 Disintegrations – 教室Iの一隅

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中