Nojikas – バレエ Ballet Mechanic EP



1.バレエ
(3弦1音上げ)
2.喪失はじめまして(
レギュラーcapo7)
3.傴蟲(DADFCE)
4.零度のトレモロ(
3弦1音上げカポ1,最後の方はカポ6ぐらい)
5.Cold Circle Connections(
3弦1音上げ5,2つ目はレギュラーのカポ4あたり?)
6.ソの余白
7.反響I(
3弦1音上げのカポ2,2つ目はそのカポ1)

 このカットアップ的でおよそ字面的な冠名にさしたる意味はなく、只のそうした記号を被せただけの無思考の所作であり、事実こうした現在であってもできることならもう一度振り戻って冠名の思考をひいては感覚そのものをもう一度洗いざらしにしたく、その想いは思いの外日に日にましてゆくばかりであった。(エウレカセブン,エクリチュールの零点,三半規管喪失,「はじめまして」の声,サークルの冷たくなった繋がり,『上海』の猫背,思考の間隙,反響以前と以後,鼓膜…フラッターエコー等……)今回はある曲(track-4)の一部分ではあるがエモオタク(@ Paul_Opinion)氏に歌ってもらった。けれども、その曲以外はまるで死にかけている感じであり、全くなにがしたいのかわからないという有様である。エセマスロックを踏襲しつつも、ふたを開けてみればジャンルレスエクスペリメンタル激情吐露コアポップが展開されるのは、斯道においてはともすればパイオニアなのではないのかという迷走ぶりであった。直したいところもいくつかあるが、狂気を患ったペソコンが許してくれないので不完全燃焼というところである。また、曲の捻出能力もすでに限界を感じて来ているので、今後はなにか他のものに逃避しようと思う。
誰かに依頼をお願いするのは初めてなものであるから、連絡から交渉まで多くの点で反省すべきところがあった。今見返しても背筋がひやりとするメッセージの文面は「歌詞はないけどとりあえず自由に叫んでくれ」「最初は狂気的に、その次はフルパワーで」などともすればふざけているのではないかというものであり、これほどわけの分からない指示もないだろうと自分で書いておきながら思わず感じてしまった。声を入れるという思いつきは最初から念頭にあったものの、漠然としたイメージしか膨らませることができなかったので、エモオタク氏に全幅的に解釈を任せたアウトプットから、また新たに配置や展開を構築していく形となった。エモ氏が歌った通りではないかもしれないが、色々と試行してみた結果今の形に落ち着いた。激情のバイオレンスゾーンだけは格好良く仕上がったと思うのでのでこれもエモオタク氏
の歌があってこそである。ありがたい。とはいえ当初目指していたよりもオケがにあまりにもペラペラだったため音圧を上げなければならなかったのだが、そのやり方を全く知らなかったのでMS処理や様々なVSTを試してみたのだが、最終的にはリミッターで「そういう感じはまあ分からなくもないかな」ぐらいまで無理やり音圧を上げた。せっかく歌ってもらったのにこれではオリジナルを蔑ろにしているのではないか、と思われても仕方ないのだがそんな気は毛頭もない。むしろ感謝しかない。しかし、制作途中でふと感じたのが、エモオタク氏本人が作る楽曲があまりにもエモオタクさんの世界を成立させてしまっているので、やはり激情ハードコアの王道的なスタイルそのものだけではいちファンとしてはいささか面白みが欠けるとも思った。音楽自体にもっと狂気的でグロテスク的で残酷的なものがあり、なおかつそれを直接的に表現しない感じでそれらが際どく相乗した空気が独特の緊張感として昇華される音楽を生み出すことができれば面白いだろう、と頭では思っているがなかなか音像化にはまだまだほど遠い。
●錯乱の顛末
去年の終わり頃からずっと真っ暗なトンネルをくぐっているようなうだつの上がらない感覚が続いていたが、実現はしないだろうと想いながら生まれたバンド実践用の実験曲が、思いのほかこの暗澹たるトンネルを抜ける隘路/活路になるのではないかと感じ、この契機に乗って勢いあまって2ヶ月ほどで作成したが、 曲の捻出は精神と現実と電脳のなかで起こる幾多の障碍の輻奏によって迷走を極めた。

 ことのはじめはパソコンからブルースクリーンの強大なエクトプラズムのような意志が顕著に現われ始めたことであった。ほどなくして愛用のNexusがCubaseのvstインストゥルメントリストからにわかに消失した。それから曲の輪郭を歪み尽くすほどの吐瀉ノイズが絶えず再生ボタンを巣食い始めた。それはトラックを無効化やインストゥルメントをフリーズさえ無効力であるほどのノイズに成長することもあった。曲自体はグラインドコア並みの曲の短さでありながら、ガチガチに凍結武装をして作業をしなければならなかった。聞こえない音を想像しながら透明なパズルを組み立てていくようなやりづらさであった。しかしその狭窄的なやりづらさは肉体面からも出ていた。技術とアイデアとアウトプットの湧出の限界は痛切に表れ始めていたのである。 気づけば凝りもせず汎用性のない変則チューニングの思考停止的なコードの螺旋を巡回し、あまつさえドラムはほとんどを収録プリセットから乱用する始末であった。 途中で何を目指しているのか全くわからなくなり、曲の捻出はただの作業に変わり、ついにはそもそも曲自体が非常につまらなく感じ、「もとよりなにが面白くてこんなことやってんだろう」と思い始めた頃にはやはりこの忌まわしき精神世界から一度1,2週間ほど遁世の措置をなさねばならなかった。一時の衝動だけでの捻出ではどうにも盲目になるところがあるから一度俯瞰して客観的に観察してみなければならないというのは創作的行為における鉄則ではあるが、それはこのような気持ち良くない自慰にも似た卑しい精神の対峙であっても例外ではなかった。しかしその俯瞰がさらなるゲシュタルト崩壊を引き起こすことは全く考えようがなかった。こうして曲の捻出は半信半疑のままに終わり、生み出された捻出物群はやっとのところでアルバムの形を保っているとはいえ、それぞれは全く散文的なものであり、加えて「もしかしたら全く良くないのではないか?」という瓦解の経験は未だにには払拭しがたいものでった。とはいえ、少しばかりの遁世を経たおかげで自信を確信している曲もなくはない。それはインストものしか選択肢がなかった自分にとって新たな可能性をしたたかに感じられるものであった。


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中